読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保健師のまとめブログ

保健師が気になった情報をまとめています。

毎日新聞「病院側が増収策として意図的に土日をはさんでいる疑いもぬぐえず」

だそうですよ。◇診療報酬改定:患者負担増と直結 複数科受診は再診料アップ 土日またぐ入退院、減額 毎日新聞(2012.2.11) 医療費抑制策としては、金曜の入院、月曜の退院を減らすことを目指す。 厚生労働省によると、金曜に入院した人と月曜に退院した患者の…

日経「診療報酬が0.004%増額!2期連続プラスだ!」

◇診療報酬0.004%増額 12年度、2期連続プラス 日本経済新聞 政府は21日夜、医療の公定価格である診療報酬の来年度改定について、全体で0.004%の増額とすることを決めた。2010年度の前回に続き、2期連続のプラス改定となる。薬価等で1.38%(薬価ベースで…

公立病院の看護師、8割が辞めたい。自治労連調べ。

◇自治体病院の看護職員8割が「辞めたい」- 自治労連調査 CBニュース 自治体病院に勤務する看護職員の8割が仕事を辞めたいと思っていることが、日本自治体労働組合総連合(自治労連)のアンケート調査で分かった。理由として「人員不足で仕事がきつい」を挙げ…

奈良大淀病院事件で民事判決。医師は過失なし。

奈良県大淀病院事件。毎日新聞奈良支局と毎日新聞大阪科学環境部取材班が、医師個人(刑事・民事ともに過失なし)のバッシングというセンセーショナルな記事を書き、奈良県南部の産科救急を崩壊させた事件ですが、民事事件での判決が出ました。 ◇奈良・妊婦…

産経新聞のダブルスタンダード

◇経団連、政治献金への関与を停止 影響力低下も MSN産経ニュース(2010.2.25) 自民党政権時代は、“金も出すが、口も出す”との姿勢で、献金を取りまとめ、経済界が主張する政策を求めてきただけに、献金への関与の停止で、日本経団連の存在感が低下する懸念も…

診療報酬改定についての各紙の社説

前回の「診療報酬0.19%増についての各紙の社説」は「総枠0.19%増」についてですが、今回は中身についての社説です。 ◇診療報酬改定 中医協の変化を医療改革に(2月14日付・読売社説) 読売新聞(20010.2.14)◇診療報酬改定―医療再生へさらに大股で 朝日新聞(…

これが「受け入れ拒否」ですか・・

◇搬送先間違え、73歳男性死亡 5病院受け入れ拒否も 47News(2010.1.28) 都救急災害医療課によると、昨年12月24日午後3時半ごろ、男性の搬送を求める119番があった。救急隊は搬送先を東邦大大橋病院(目黒区)に決定したが、隊員が電話番号を誤って…

診療報酬0.19%増についての各紙の社説

診療報酬が全体で0.19%アップとなりました。中身としては本体部分が1.55%増、薬価部分が1.36%の減となってます。そんな診療報酬改定についての社説です。 ◇診療報酬改定 医療費の配分を大胆に変えよ 読売新聞 ◇診療報酬増額―医療再生へ大胆な配分を 朝日…

放送倫理違反を繰り返す「みのもんたの朝ズバッ!」。

◇また「朝ズバッ!」 BPO放送人権委が倫理違反を勧告 MSN産経ニュース NHKと民放でつくる放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は30日、割りばしがのどに刺さった男児が死亡した事故の民事裁判を扱ったTBSの情報番組「みのもんたの朝…

産経新聞の印象操作

◇別所哲也、結婚会見で告白「超未熟児…たらい回し出産だった」 MSN産経ニュース(2009.8.4) 先月16日に誕生した女児は10月出産予定の早産で、1100グラムしかなかった超未熟児だったことを明かし、新妻は産気づいた際、救急車で都内の病院をたらい回し…

グッときた見出し

CBニュースの見出しにグッと来た ◇医療保険制度の崩壊は「救える方法がない」 CBニュース(2009.7.17) 医業経営コンサルタントグループのMMPG(メディカル・マネジメント・プランニング・グループ、東京都中央区)は7月17日、第115回定例研修会を開いた。こ…

人を褒めるときは大きな声で、悪口を言うときにはより大きな声で

まぁ、毎日は、褒めたりしないんですけどね。 ◇訴訟:医療事故の書籍で、毎日新聞記者らに賠償命令−−東京高高裁 毎日新聞(2009.7.16) 東京女子医大病院で心臓手術を受けた女児の死亡事故で業務上過失致死罪に問われ無罪が確定した医師(45)が、毎日新聞医…

ずっと気になっていたウェブサイト、日本建設業団体連合会の「これでいいのか日本!?」

総合建設業者、いわゆるゼネコンさんの業界団体である、日建連(日本建設業団体連合会)ですが、公式サイトによるとこんな団体です。 ◇目的・事業 日本建設業団体連合会 ・設立 社団法人日本建設業団体連合会(略称「日建連」)は総合建設業者で構成する事業…

荒涼とした医療に誰がした

◇現場から:荒涼とした医療 /神奈川 毎日新聞 さらに「状態がさらに悪くなった場合、人工呼吸器などの延命処置をしますか。処置を求めないご家族も多いですが」と言われた。延命処置を求めたが、回復する可能性の話も聞かせてほしかった▼この1週間、幸い父…

報道に近道はない

某企業のサイトのトップがこんなんでした。 「席で待っていたら、真実が歩いてきてくれますか」 「報道に近道はない」 どっかの変態タブロイド紙に聞かせてやりたい台詞ですね。 とは言っても、某変態タブロイド紙は、タブロイドなんで報道じゃないですし、…

読売新聞のマッチポンプ

読売新聞が昨年あたりから主張し、舛添大臣に「現場を無視した机上論」と駄目出しされた「医師の強制配置案」*1 *2ですが、「財政審も強制配置を提言してるぞ」という記事です。 ◇医師の適正配置を提言…医療改革で財政審が意見書 読売新聞(2009.6.3) 財政制…

まあ、なんというか

◇新型インフル 医療機関は逃げないで 東京新聞 ◇新型インフル 医療機関は逃げないで 中日新聞 ところが、感染国への渡航歴が最近なかったり、身近に渡航者がおらず感染の可能性が低いにもかかわらず、発熱を訴えた患者が医療機関で診療を拒否される事態が多…

「お前がいうな」を超えた「お前のせいだ」

大淀病院事件・大野病院事件で産科バッシングをしていた毎日新聞。 ○記者の質が部数の差。読売と毎日の大野病院事件記(2008.8.19) ○毎日新聞大阪本社社会部デスクの開き直り(2007.9.7) 毎日新聞の根拠無きバッシング報道は、産科崩壊の一因とも言われていま…

日赤医療センターにも労基署からの是正勧告が

ロハスメディカルさんのニュースにこんな記事が。 愛育に引き続き、日赤医療センターも労基署からの是正勧告を受けていたとのこと。 ◇(速報)日赤医療センターにも是正勧告 ロハスメディカル・ニュース(2009.3.26) 東京都渋谷区の日赤医療センター(幕内雅…

毎日新聞「報告義務があるのに年間医療事故数をゼロとした病院がある」←日本語として変

◇医療事故:過去最多の1440件 前年比174件増 毎日新聞(2009.3.25) 事故報告の増加は、国立病院機構の病院(全国145施設)からの届け出が前年の592件から728件に大幅に増えたため。 一方で、報告義務がありながら年間の事故件数をゼロとした…

読売「3回以上問い合わせしたら、たらい回し」

◇重症患者の3・6%「たらい回し」…昨年の救急搬送 読売新聞 総務省消防庁は19日、2008年に救急搬送された患者について、医療機関の受け入れ状況の調査結果を発表した。重症患者(入院3週間以上)の3・6%にあたる1万4732人が3回以上断られ…

彦根市立病院長のナイスなコメント

しかし、毎日もこんな訴えなんぞ、記事にしなくてもいいのに。 ◇訴訟:「彦根市立病院が診察制限」と訴え 市長相手に大阪の男性 /滋賀 毎日新聞 彦根市立病院が紹介状がないことを理由に受診を断ったのは医療法などに違反するとして、同市出身で大阪市に住…

産経「看護師も地域偏在だ」←いえいえ都市部も不足してます

◇遅れる地方の看護師不足対策 産経新聞(2009.2.14) 深刻な看護師不足により、奈良県の基幹病院が機能の一部停止に追い込まれた。県立奈良病院(奈良市)が病床休止を余儀なくされた背景には、大都市圏の病院に医師や看護師の人気が集中する医療の「地域偏在…

県立八重山病院:時間外手当出しません→じゃあ時間外勤務しません→「勤務拒否」と報道

タイトルのまんまです。 ◇八重山病院、手当底突く 医師数人、当直・時間外を拒否 琉球新報(2009.3.11) 県立八重山病院(伊江朝次院長)が資金不足のため、3月の職員の時間外勤務手当が支払えない状態になっていることが10日、分かった。医師の当直手当は…

県立八重山病院:医師の過重労働に、関係者「優しい気持ちで診察しなくなるのでは」と懸念を示す

県立八重山病院:時間外手当出しません→じゃあ時間外勤務しません→「勤務拒否」と報道の続きです。 ◇医師5人が時間外勤務拒否 県立八重山病院 八重山毎日新聞(2009.3.11) 関係者によると、すでに時間外勤務を拒否している医師は5人。拒否者が増えると残った…

毎日学級新聞に載っていた記者の作文

◇空:私が首相になったら /千葉 毎日新聞(2009.3.9) 私が首相になったら最初の課題は医療国営化だ。まずは高齢者の本人負担をなくす。前期・後期・末期などと差別せず保険料も診療費も全額公費で賄う。次に、妊婦健診から出産、子供が18歳に達するまでの…

学徒出陣

◇臨床研修:短縮案をほぼ了承 厚労省医道審 毎日新聞(2009.3.3) 厚生労働省は2日、新人医師に義務付けられている臨床研修の見直し案を、厚労省医道審議会医師臨床研修部会に示し、大筋で了承された。10年度から研修期間を2年以上から実質1年程度に短縮…

厚労相ぶら下がり記者会見の質問内容を調べてみたけど、記者は医療に興味ないじゃん

厚生労働大臣は週2回、ぶら下がりと呼ばれる記者会見を行っています*1。直接大臣をつかまえて質問できる場なので、ぶら下がりでの質問内容は、記者にとってそのとき一番興味があるものだと考えられます。 そこで、記者がどのようなことに興味を示しているの…

シナリオ通りの「医療崩壊」-CBニュース

さすがキャリアブレインさん。大手(テレビ・新聞)が報じてくれないところを、ズバッと記事にしてくれます。 ◇シナリオ通りの「医療崩壊」 CBニュース(2009.2.28) 「高度救命救急センター長」として指揮を執る堤晴彦さんは、日本救急医学会で理事を務めるほ…

産経新聞の嫌らしい見出し

産経新聞の「嫌らしい見出し」が続いております。 ◇医療制度改革後退 レセプト請求の完全オンライン化先送り MSN産経ニュース(2009.2.28) 政府・与党は27日、具体的な治療内容や投薬名、診療報酬点数が書かれたレセプト(診療報酬明細書)請求について、完…

「たらい回し」をよく使う新聞社は朝日新聞と読売新聞でした

データベース 新聞・雑誌記事横断検索 調査対象期間 2007年1月〜2009年2月25日 調査対象 読売・朝日・毎日・産経 キーワードは下記のように設定・たらい回し→「たらい回し AND 病院」 ・受け入れ拒否→「受け入れ AND 拒否 AND 病院」 *タイトルと本文に含ま…

知ったかぶりと矛盾? 神戸新聞社説

◇救急搬送/「防ぎ得た死」をなくそう 神戸新聞(2009.2.8) 課題は出尽くした。どこを、どう改めればいいかもわかっている。しかし、実践が伴わず、正解を示せないことがある。それが、いまの救急医療の姿ではないか。急病人や負傷者が、医療機関が見つからな…

文科省「医学生、卒後は半数が他地域流出」←調べたら他の学部も似たような結果なんですが・・

最近、文科省がこんな調査結果を公表しました。 ◇医学生、卒業後に半数流出/条件良い都市に 四国新聞(2009.2.8) こうしたデータを同省が分析したのは初めて。33都道府県で定着率が03年度より低下したが、特に北陸や山陰、九州などの12県は20―35%…

似たもの同志

はてなブックマークで、52件のブックマークがついている、毎日新聞の記者日記ですが ◇記者日記:医師の説明 /埼玉 毎日新聞(2009.2.6) 「もう一度、一から説明しましょうか!」。医師は突然、声を荒らげた。昨年末、兄が大病をした。治療法の説明の場に私も…

新聞改革、読売新聞社に提言…印刷所を全国に計画配置

読売新聞が昨年10月に「医療改革提言」と言うものを発表しました。 ◇http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20081016-OYT8T00224.htm 読売新聞 医師不足などによる医療の崩壊を防ぎ、信頼できる医療体制を確立することを目指し、読売新聞社は改革…

なぜマスコミは、医療を叩くのか

マスコミは、基本的には営利企業ですが、一方で「社会の公器」だの「社会の木鐸」だの「社会正義」だのと言った理念も掲げています。要は「(商売の邪魔にならない限りは)ペンの力で悪を裁き、弱者を救う」という考えで行動しているわけですがそんな彼らの…

朝日新聞の意図は?

◇信州大出身整形外科医、5人全員退職へ 朝日新聞(2009.1.23) ■整形外科医師5人退職意向/市立甲府病院甲府市立甲府病院(甲府市増坪町)で、整形外科の常勤医5人全員が6月末までに退職する意向を示していることがわかった。山梨大から3人の医師を確保で…

医療システム学ってのは精神論?

最近、というかもう昨年ですが、医療系のブログで話題になっていた提言があります。 ◇【緊急提言】第8回「医師は被害者意識を捨てよ」 日本医療政策機構 第8回にご登場いただくのは、九州大学大学院医学研究院医療システム学分野教授の信友浩一氏。全国でも…

医療とメディアについて考えてみる。で、あきらめた。

先ほど、毎日新聞が、「新聞社としての信頼」を捨てていた件について書きましたが、私も今年になって(というか今月)いろいろと捨てました。 「マスコミは公平中立」「記者も、説明すれば理解できる」 こういった考えは捨てることにしました。マスコミは理…

毎日新聞「病院は受け入れ拒否で患者を捨てた」←いい加減にしろ

毎日新聞よ、ほんと、いい加減にしろ ◇ペン&ぺん:「捨」 /福岡 毎日新聞(2008.12.24) 今年の世相を表す漢字は「捨」ではないかと思っている。いろいろな人間が、いろいろなものを捨てた1年だった。社保庁の職員は年金記録改ざんで、社会的責任を捨てた。…

読売新聞「医療事故被害者遺族をネットで中傷」

◇自分勝手、クレーマー…医療事故被害者遺族をネットで中傷 読売新聞(2008.12.12) 医療ミスで患者を死亡させたとして医師が起訴された事件の遺族たちが、インターネット上で誹謗(ひぼう)中傷にさらされている。 中には死亡した当事者本人を責める書き込みもあ…

救急の受け入れ不能(いわゆるたらい回し)の理由

救急の受け入れ不能、受け入れ困難問題。 マスコミが「たらい回し」「受け入れ拒否」と報道しているため、一般の方には「病院が悪い」と思われがちですが、受け入れできない理由というものがあります。 これについて、FAQ形式で詳しく説明されているサイトが…

お前が言うな 毎日新聞2008年11月21日社説

◇社説:「医師は常識欠落」 麻生さん、「失言」では済まない 毎日新聞(2008.11.21) 全国都道府県知事会議で医師不足への対応を問われた麻生太郎首相が「自分で病院を経営しているから言うわけではないが、医者の確保は大変だ。(医師には)社会的常識がかな…

麻生総理「医師は社会的な常識が不足、医師不足は医師のせい」

「36時間連続勤務」や「家にいるのは、週20時間」という環境で、身も心も削って地域の為に働いている医師が 二階経産相 「政治の立場で申し上げるなら、何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。忙しいだの、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない…

医療ルネサンスでの読売新聞医療記者の体験談

Wikipediaのモンスターペイシェントの項目にある「モンスターペイシェントの行動例」の欄に、気になる記載がありました。・ 踵骨骨折で医師は3日後の手術を予定したが「新聞社で医療を担当していると伝え」受診当日に緊急手術を強要[6]。とっても気になる内…

受け入れ困難対策の「東京ルール」は病院に丸投げルールでした

◇たらい回し対策に「東京ルール」…中核病院が搬送先探し 読売新聞 急患は東京消防庁の救急隊が病院に照会し、搬送先を決めている。都救急災害医療課によると、東京ルールは、都内を12地域に分け、手術や入院が必要な重症患者を扱う2次救急病院の中から、…

舛添厚労相「僕は正しい、都知事が間違っていたんだ」

◇都の対応間違っていた“妊婦たらい回し”、私を批判した石原都知事は赤っ恥かいた スポーツ報知(2008.11.3) 先月、脳出血を起こした妊婦が、都立墨東病院など8病院に受け入れを拒否され死亡した。この問題への対応をめぐり、舛添要一厚労相(59)と石原慎…

スポニチ「医師を怒らせたから謝罪」?

◇怒らせたら怖い?二階経産相が発言撤回し謝罪 スポニチ 相次いだ妊婦受け入れ拒否をめぐり、民主党の足立信也参院議員は13日の参院厚生労働委員会で、二階俊博経済産業相が舛添要一厚生労働相との会談で「医師のモラルの問題」と発言したとして、その適否…

阪南市長も発言釈明。「真意が伝わってなかった」

阪南市立病院、新市長が再崩壊を選択」(2008.10.31)の続きです。 二階俊博経産相が「医師のモラルが問題」発言を撤回されましたが、今度は、阪南市長が「医師給与を見直す。公立病院に歩合制は合わない」発言について釈明しています。 それにしても、政治家…

二階経産相、「モラル発言」を撤回、「誤解を与えた」と

二階俊博経済産業大臣、閣議後記者会見(2008.11.11)」(2008.11.12) 二階俊博経産相「医師のモラルの問題。人手不足は言い訳」(2008.11.12) の続きです。 36時間連続勤務あたりまえ、夜間・休日のオンコールもあたりまえ、1週間で家にいられるのは20時間 そん…