読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保健師のまとめブログ

保健師が気になった情報をまとめています。

やせは太めよりも心筋梗塞のリスクが高い?

健康・栄養・運動

下のバナーをぽちっと押していただけるとブログ作成の励みになりますm(_ _)m↓
やる気成分が2mgぐらい増えます。

看護 ブログランキングへ

やせている人でも生活習慣病になる危険 読売新聞(2008.6.15)

感染症の検査などに使われ、心筋梗塞との関係も指摘されている「CRP」という血液中に含まれるたんぱく質と、メタボ健診の診断項目である、肥満度、血圧、血糖、脂質との関係を調べた。

CRPの値「0.2mg/dl」を基準に、それより高い人とそれ以下の人に分けて、腹囲を除く2項目以上が、メタボの基準を上回っている人の割合を調べたところ、CRPの高い人は、低い人より男女合わせて1.7倍ほど高かった。

肥満度との関係では、男女とも肥満の場合、適正体重の人よりCRPが高い人が多かった。また、男性では、「やせ」の人でもCRPが高い傾向があった。例えば03年度の場合、CRPが高かった人は、適正体重が18.2%なのに対し、肥満が21.9%、やせが27.7%だった。

1.やせている人は、適正体重や太めの方よりもCRPが高値の割合が多い
2.CRPはCHD(冠疾患)との関係が指摘されている
3.従って、やせている人も心筋梗塞などの生活習慣病に注意

という、流れのようですが、CRPってCHDイベントの予測マーカーとして使えましたっけ?
CRPがCHDの診断に有用である(冠疾患になると、CRP有意に高くなる)」とは聞いたことがあるのですが・・