読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保健師のまとめブログ

保健師が気になった情報をまとめています。

90日入院制限の後期高齢者特定入院基本料が凍結へ

後期高齢者医療制度

下のバナーをぽちっと押していただけるとブログ作成の励みになりますm(_ _)m↓
やる気成分が2mgぐらい増えます。

看護 ブログランキングへ

後期高齢者にふさわしい医療は「90日以上は入院するな」?(2008.4.6)で「後期高齢者(65歳以上の障害者や脳卒中後でリハビリが必要な患者等を含む)が一般病棟に90日以上入院した場合、報酬が2/3以下に減額され、さらに検査費も薬剤費も支払われない」という後期高齢者特定入院基本料について触れましたが


この「後期高齢者特定入院基本料」の導入が凍結されたようです。(本来は10月からの導入予定)


ソースは下記からどうぞ
75歳以上の入院基本料、報酬減額を凍結 厚労省方針 朝日新聞(2008.8.5)
長期入院の診療報酬減額を見直しへ 厚労省 MSN産経ニュース(2008.8.4)


ちなみに、朝日新聞の記事では

一般患者向けベッドの1日あたりの診療報酬である「入院基本料」は1万5550円(看護師の配置が手厚い場合)だが、75歳以上の高齢者が90日を超えて入院する場合は9280円に減額される。08年度の診療報酬改定で、これまで対象外とされていた脳卒中の後遺症と認知症の患者も、新たに減額することになった。「急性期の治療を終えて容体が安定した患者は、費用の安い療養病床や介護保険の施設に移ることが適当」との理由からだ。


だが、厚労省は療養病床の削減計画を続けており、それに代わる老人保健施設などの受け皿整備も進んでいない。このため、与党内からも「入院基本料の減額は慎重に行うべきだ」との声が出ていた。

と、「退院後の受け入れ先である療養病床が削減され、老人保健施設の受け入れ体制も十分ではないから」と記述していますが

グループあげて病院嫌いな産経新聞の記事では

収入減を嫌う医療機関が、脳卒中認知症の長期入院患者に退院を促すことも予想され、野党や医療関係者から批判が相次いでいた。

「儲けがなくなるからと、病院が患者を追い出しかねないから」と病院に悪い印象を抱く文章で締めくくっています。もっとも、産経の社会保障関連記事なんて、いつもこんな感じですが雨


後期高齢者特定入院基本料については、zundamoon07先生のブログ「リハ医の独白」で詳しく解説されています。


後期高齢者医療制度の破綻と後期高齢者特定入院料という時限爆弾 リハ医の独白(2008.4.27)