読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保健師のまとめブログ

保健師が気になった情報をまとめています。

新型インフルエンザは10年以内に発生?

医薬情報

下のバナーをぽちっと押していただけるとブログ作成の励みになりますm(_ _)m↓
やる気成分が2mgぐらい増えます。

看護 ブログランキングへ

新型インフルエンザの火種:インドネシアから/下 日本の支援、着実に 毎日新聞

8月、インドネシア北スマトラ州の農場で13人の従業員が高熱で病院に運ばれた。インドネシア保健省に政策アドバイザーとして赴任している垣本和宏国立国際医療センター医師(46)の携帯電話は日本政府などからの問い合わせで鳴り続けた。農場では大量の鶏が死んでいたことから地元メディアが「鳥インフルエンザ集団感染」と報じたからだ。

新型インフルエンザは10年以内にはほぼ確実に発生すると見られている。チーフアドバイザーの平山隆則医師(34)は「インドネシアの人々が自身の手で発生を封じ込められるよう、支援したい」と話す。新型インフルエンザの火種がくすぶる国で、日本の支援は着実に始まっている。

鳥インフルエンザ:パキスタンでヒト−ヒト感染発生 - 保健師のまとめブログ2(2007.12.30)で触れましたが、現在(2008.12.17)「フェーズ3」まで来ている新型インフルエンザ。




「発生するのはほぼ確実で、あとはいつ起こるのかという状況だ」と言われています。


これまで、具体的な時期は聞いていなかったのですが、毎日新聞の報道には「10年以内」という数字があがっていますね。この数字の出所は不明ですが、報道として載っている以上は、それなりのソースもあると思います。


記事にある国立国際医療センター垣本医師の実感としては

「首都ジャカルタ近郊でも人感染が起こっており、ウイルスが感染しやすいタイプになっていると考えられる。人から人に感染する新型に変異し始めているのではないか」

フェーズ3からフェーズ4に移行しつつあるのではないかという状況になりつつあるのでしょうか。