読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保健師のまとめブログ

保健師が気になった情報をまとめています。

毎日学級新聞に載っていた記者の作文


下のバナーをぽちっと押していただけるとブログ作成の励みになりますm(_ _)m↓
やる気成分が2mgぐらい増えます。

看護 ブログランキングへ


空:私が首相になったら /千葉 毎日新聞(2009.3.9)

私が首相になったら最初の課題は医療国営化だ。まずは高齢者の本人負担をなくす。前期・後期・末期などと差別せず保険料も診療費も全額公費で賄う。次に、妊婦健診から出産、子供が18歳に達するまでの通院・入院費を無料化する。所得制限は設けない。一人ひとつずつの命に国家が責任を持つ際、収入の多寡は無関係だから。


すべての医療機関を公的管理する。医学部の定員増と奨学金制度拡充で医師不足を解消し、適正に配置する。最終目標は全国民の医療完全無料化だ。コストは皆で分担する。健康を維持してバリバリ働き納税する。病気になったら、せめて経済的な心配はせずに治療を受けられる社会に。


患者の痛みを第一に恐れ、財源の壁にひるみ、明るい未来像にとらわれつつ、医療国営化を掲げ3分の2の議席を得たら、他の政策も再可決……と邪念がよぎったところで夢から覚めた。

大躍進政策的発想に夢オチなど、いろいろとツッコミどころ満載な作文なんですが、「まずは・・」と最初に掲げている「高齢者の本人負担(保険料+診療費)の全額公費負担」を実現させるためにいくら必要かを、全く考えていないであろう記者に代わって勝手に推計してみた。

高齢者の自己負担0に向けて

1.75歳以上の医療費11.4兆円の負担内訳がこうなります



国庫負担2.1兆円増(国営化らしいので負担増は国庫と勝手に判断)



2.65歳以上75歳未満の医療費6.1兆円の負担内訳がこうなります



国庫負担1.1兆円増国保は被扶養者になれないから発生する保険料公費負担を考えなきゃいけなかったや・・)


結果、こうなりました

国庫負担増3.2兆円増(無料化だとサロン化とかマッサージ通いまくりが増えると思うので、総額医療費自体が、もっと増えると思います)


記者は、3.2兆円をどこから工面するのか考える必要がありますね。

それまではです。

しかし、実行したら医療国営化・医療費無料化・医師の公的管理、強制配置ですか・・・発想がすごいですね。