読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保健師のまとめブログ

保健師が気になった情報をまとめています。

1ml≒19滴の理由


下のバナーをぽちっと押していただけるとブログ作成の励みになりますm(_ _)m↓
やる気成分が2mgぐらい増えます。

看護 ブログランキングへ

輸液セットの滴数が4月から20滴と60滴に統一」(2009.2.8)の記事で、点滴の1mlあたりの滴数が

2009年3月末まで 2009年4月から
15滴で1mlな輸液セット
19滴で1mlな輸液セット
20滴で1mlな輸液セット
60滴で1mlな輸液セット(微量輸液用)
20滴で1mlな輸液セット
60滴で1mlな輸液セット(微量輸液用)

と4種類から2種類に変更されること紹介したのですが、ずっと気になっていたのが、なぜ19滴という中途半端(な印象の)滴数があったのかということ。


というわけで、実際に「19滴≒1ml」の輸液セットを販売されていた某メーカーさんに問い合わせてみたところ、「30年以上前の話になり詳しいことはわからないのですが、20滴で設計してみたけど当時は点滴測定の基準がなく、結果的に19滴と表示せざるを得なかったようです」(一部改変)とのことでした。


長年、気になっていた点が少し解けてすっきり?です。


ちなみに上にも書きましたが、今月1日より点滴セットは20滴/mlと60滴/mlに統一されたため、もう19滴/mlの輸液セットを見かけることはありません(病院にある在庫はどうなるんだろ?使い切ったのかな?)。


さようなら19滴、ありがとう19滴(´・ω・`)/~~ ついでに15滴も