読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保健師のまとめブログ

保健師が気になった情報をまとめています。

医薬分業と規制改革会議

最近の話題 行政と立法

下のバナーをぽちっと押していただけるとブログ作成の励みになりますm(_ _)m↓
やる気成分が2mgぐらい増えます。

看護 ブログランキングへ

「病院の外に薬局」見直し 規制改革会議議長、前向きな考え FNN-NEWS(2015.5.11)

現在は、病院と薬局を同じ敷地内に作ることを認めない、医薬分業が原則となっていて、病院で診療を受けた患者は、医師から処方箋を受け取り、病院の敷地の外にある薬局に行き、処方箋に従った薬を受け取る。
ところが、こうした現状に患者からは「(薬局が)中にあれば一番いいですね。特に雨降った時とか、(病院から)いったん出て、距離があるからね」、「小さい子どもができてから感じたけど、ちょろちょろ歩き回るので、病院内で一括で済ませられれば楽だなと」と、「面倒だ」、「病院内に薬局があればいいのに」との意見が多く聞かれた。

規制改革会議で見直しが議論されている「医薬分業」ですが、いろいろな立場の人達が、いろいろな思惑を持って、いろいろ言い合っているのは、とりあえず置いといて(笑

気になるのが、利便性の説明のところ。

医薬分業を導入した当時は

病気だから受診しているのに病院で長い時間待たされるのは大変ですよね!
医薬分業になると、職場や自宅の近くの薬局でお薬を受け取ることができますよ!
事前に病院から薬局にFAXで処方箋も送っておくので、待たされる時間も減りますよ!便利だね!

と利便性について説明していたのに


見直し議論では

同じ病院で受け取られた楽なのに、わざわざ別の所で受け取らないといけないとか、大変ですよね!
医薬分業という規制のせいなんですよ!
この規制を改革して院内で受け取ることが出来るようになれば便利りになるね!

と患者さんの利便性について説明が180度違うんやないかい!(とツッコんでみた)