読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保健師のまとめブログ

保健師が気になった情報をまとめています。

野生イノシシの肉がE型肝炎の感染源に

医薬情報

下のバナーをぽちっと押していただけるとブログ作成の励みになりますm(_ _)m↓
やる気成分が2mgぐらい増えます。

看護 ブログランキングへ

野生イノシシ肉がE型肝炎感染源に 厚労省「火通して」 朝日新聞(2008.4.7)

E型肝炎の感染源の一つが野生イノシシ肉であることが、国内で初めて遺伝子レベルで確認されていたことが分かった。全国的にE型肝炎ウイルス(HEV)感染者が急増するなか、野生イノシシの5-10%がHEVを保有している可能性があるとされ、厚生労働省は「野生動物の肉を食べる際は十分に火を通すなど注意してほしい」と呼びかけている。

ウイルス性肝炎にはA型〜E型までの5種類が知られています(最近はG型とかTTV型あるらしい・・ってF型は欠番?)

感染経路
A型・E型 経口感染
B型・C型・D型 血液感染

となっており、E型は口から感染するタイプですね。
というわけで、「十分に火を通して」ということになっています。


詳しくは、下記リンクからどうぞ。


◇参考リンク