読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保健師のまとめブログ

保健師が気になった情報をまとめています。

麻生総理「医師は社会的な常識が不足、医師不足は医師のせい」

医療崩壊と報道

下のバナーをぽちっと押していただけるとブログ作成の励みになりますm(_ _)m↓
やる気成分が2mgぐらい増えます。

看護 ブログランキングへ

「36時間連続勤務」や「家にいるのは、週20時間」という環境で、身も心も削って地域の為に働いている医師が


二階経産相
「政治の立場で申し上げるなら、何よりも医者のモラルの問題だと思いますよ。忙しいだの、人が足りないだのというのは言い訳にすぎない」


麻生総理
「はっきり言って、社会的な常識がかなり欠落している人が多いと思われる」
「正直、これだけ医師不足が激しくなってくれば、責任は医師の側にあるのではないか」


という、「(立法と行政の不作為には触れずに)医師不足は医師が悪い」という発言を聞いて「どう思うか」とか、考えないんでしょうか?政治家って。


首相 社会常識欠落の医師多い NHKニュース(2008.11.19)

麻生総理大臣は、総理大臣官邸で開かれた全国知事会との会合に出席し、地方が抱える医師不足の問題について、みずからの考え方を示した際、医師のことを「社会的な常識がかなり欠落している人が多い」と発言しました。

「急患が多い診療科は、皆、医者は引く。だとしたら、そういう診療科だけ診療報酬を引き上げるなど、変えてみたらどうか。正直、これだけ医師不足が激しくなってくれば、責任は医師の側にあるのではないか。ただ、目先のことをどうするかというところで、医師不足の声をしんしに受け止めなければならない」



夜の記者会見で「まともなお医者さんが不快な思いをしたというのであれば、申し訳ない」と陳謝したらいいですが、阪南の市長といい、二階経産相といい、麻生総理といい・・・すぐに撤回・陳謝してばかりですね。何も考えずに発言しているようです。立場が立場だけに、本人が思っている以上に(悪い)影響があります。